シノワズリ RSS



ホテルのシノワズリ

ロサンゼルスのペニンシュラホテルのロビー1階のトイレです。 こんなところにシノワズリとは。全体にアンティークな雰囲気の壁紙をペースにやさしいタッチのシノワズリです。床の大理石や衛生陶器のホワイトや扉やモールのホワイトが空間を引き締め、清潔感を醸し出しています。ロビーやカフェも素敵だけどトイレまでとは、あるいはトイレこそかサスガです。

続きを読む



トワレ・ド・ジュイ

トワレ・ド・ジュイという田園風景のモチーフのファブリックはクラシックやデコラティブファンにはいつも大人気の柄です。18世紀ごろからでき始めたパターンのようですが、デザイナーにより可愛かったり大人っぽかったりその表情は様々です。去年はディオールがウインドウディスプレイにモダンにも見えるしかも鳥のモチーフが入ったシノワズリのようなトワレを使っていましたが、ことしはクロエがお洋服でトワレ柄を使っています。しかもトワレ柄をシャープに表現し、ブーツと合わせるなどカジュアルな装いです。なんて素敵なんでしょう。これからどんどん出てくる気配がします。

続きを読む



映画の中のシノワズリ

皆様 ディズニーのシンデレラという映画をご覧になったことがあるますでしょうか。シンデレラが住んでいた意地悪な母親と娘の家のインテリアがすごいのです。衣装もすごかったですが、このシノワズリとジャパネズリ、そしてとがったクラシックといえましょうか、空想の中のしかも現実のクラシックのインテリア。時代を奮闘しながらも新しさを感じさせ、わくわくさせるインテリアとドレスにはため息がでます。映画のインテリアや衣装によってインスパイヤーされたそんな映画がいくつかあるのですが、そのうちに画像を探し出してリポートしますが、映画ってすごいな!!!   このジャパネズリのシュールな感じ…浮世絵と大和絵が合体してる こんなビビットなシノワのバックグラウンドもいい感じ  

続きを読む



シノワズリ

リサブレアがシノワズリを始めたのは5年以上前になります。 DE GOURNAY(https://degournay.com/ja)という素晴らしい手書きのシノワズリを作っている会社の存在を知ったのがそのもっと前になるのですが、実際にパリのショールームを訪れるとその素晴らしさに圧倒されるぐらいで、まさにアートです。ここの創始者は銀行家のイギリス人でお付き合いのあるお家に行くと必ずと言っていいぐらいにシノアズリの壁紙があり、それが印象に残っていて中国に行ったときにシノワズリの手書きをするところとであったのが会社の始まりだとか。 ただそのデザインは単に昔のシノワズリではなく今の時代を感じさせるデザインなのです。しかもどんどん進化しているように思います。世界のセレブ達が使っているようです。日本ではウェディングドレスのTREATやCHESTYのショップのインテリアに使われています。リサブレアではオリジナルのシノワズリをデザインしプリントをしてパネルにしたり壁紙にしたり生地にもしています。ヨーロッパのお城のインテリアにもシノズリがあるところがあり、トリノのサヴォイア王家の狩猟のお城だったというSTUPINIGI城http://www.ordinemauriziano.it/palazzina-di-caccia-stupinigi)はシノアズリの壁紙が使われているバンケットやいくつものお部屋があります。300年弱前にこれだけモダンなデザインがあるとは歴史の流れに圧倒されます。このお城は人も少なくシノワズリを満喫できます。      

続きを読む



オリジナル・ローマンシェード

2年前の真備町の水害にあった築100年の古民家がよみがえり、その窓まわりをさせていただきました。お庭も水につかっていたとは思われないぐらいに素晴らしくよみがえり、そのお手入れやリノベーションにかかわるご苦労は大変だったと思いますが、このように蘇るとは心騒ぐ思いがいたします。このお家に合わせて桜のモチーフでパターンをデザインさせていただき、弊社で生地プリントさせていただきました。オリジナルのプリントでさらにその思いが伝わればと思って考えながらのデザインができたことは喜びです。

続きを読む